浄心(名古屋市西区)の歯科・歯医者ならファミリーデンタルイシダ

よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

審美歯科に関する質問

Q.審美治療ってなんですか?
A.審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。
審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。
「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。
Q.どのくらいの期間で治りますか?
A.治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。
Q.真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。
A.歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。
当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。
またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。
Q.審美歯科治療に保険は適用されますか?
A.歯科診療は保険治療と自費治療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。
しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。
Q.銀歯を目立たなくする方法はありますか?
A.銀歯の詰め物を一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。
Q.セラミックは変色しませんか?
A.セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。
また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。
もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。
Q.歯と歯の隙間が気になるのですが……
A.いわゆる”すきっ歯”には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。
歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。
とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。
Q.奥歯をセラミックにしても割れませんか?
A.セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。
被せ物や詰め物に使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。
Q.金属アレルギーなのですが、治療できますか?
A.セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。
当院では、患者さんがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。
Q.被せ物は、歯ぐきが黒く変色するとお聞きしたのですが……
A.オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。
なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。
Q.治療期間中、歯のない期間がありますか?
A.歯の被せ物を外したり削った後は、仮の歯を入れます。
普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。
また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。

歯周病に関する質問

Q.歯周病とは、どんな病気なのですか?
A.歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。
また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。
Q.歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?
A.同じものです。
これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。
一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨を始め、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。
Q.歯周炎と歯肉炎は違うものですか?
A.歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。
一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。
Q.歯周病は何歳位から起こるものですか?
A.歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。
また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんど無いために、発見が手遅れになることもしばしばです。
歯周病を予防するために、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要です。
Q.歯周病はどのように予防するのでしょうか?
A.歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。
歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。
歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行なう必要があります。
ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。
Q.歯周病はどうやって治すのでしょうか?
A.歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。
歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。
細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

ママとこどものはいしゃさん名古屋浄心院

〒451-0025
愛知県名古屋市西区上名古屋1-3-13

診療時間 日・祝
9:30~12:00 / /
14:00~18:00 / /
13:30~16:30

※休診日:木曜・日曜・祝日

  • 地下鉄鶴舞線「浄心駅」徒歩5
  • 医院北専用駐車場3
    第2駐車場分2
    (上名古屋1丁目月極駐車場 ※32番・33番)
    提携駐車場2か所
    (名鉄協商パーキング:上名古屋1丁目・弁天通)

–>